Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法

2020年2月4日

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法

このページでは、フードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)を配達しているUber Eats配達パートナーの登録方法を詳しく解説しています。

Uber Eats配達パートナーに登録しようとしている方はこちらからご登録ください。

Uber Eats配達パートナーに登録できる人は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達するには18歳以上であれば誰でも登録できます。

18歳以上なので、18歳の誕生日を迎えれば高校生でも働けます。

年齢の上限は特にありませんので、定年退職した方でも登録できます。

あと、SMS認証ができるスマートフォンを持っていないと登録できません。配達で使うので。

Uber Eats配達パートナーは普通のバイトのように履歴書も面接もなく、誰でも気軽に簡単に始めれます!

Uber Eatsの配達で使用できる乗り物

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に使用することができる乗り物は以下の4種類です。

  • 自転車
  • 原付バイク
  • 125cc~バイク(事業用車両)
  • 軽自動車(事業用車両)

もし、これらの乗り物を持っていなくてもレンタルした自転車やバイクでも問題ありません。

最近は大きな都市ならレンタル自転車があるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリアに住んでいなくても配達できます。

東京と大阪ではdocomoが運営している電動アシスト自転車のシェアサイクル(通称:赤チャリ)で配達することも可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)からの紹介で登録すると、法人定額会員の価格、月額4,000円で乗り放題で利用できます。

メモ

ドコモのバイクシェアや車両レンタルについてはこちらをご覧ください。

また、事業用登録していれば、125cc以上のバイクや軽自動車でも配達できます。

事業用車両とは、125cc以上のバイクは緑色のナンバープレート、軽自動車の場合は黒色のナンバープレートのついた車両のことです。

注意ポイント

自家用車(白色のナンバープレート)やレンタカーでは配達できません。

Uber Eats配達パートナーの登録に必要な書類

Uber Eats配達パートナーの登録に必要な書類は、配達の際に利用する乗り物によって異なります。

乗り物必要書類
自転車身分証明書(パスポート・運転免許証・マイナンバーカード・住民基本台帳カード・小型船舶操縦免許証のいずれか)
原付バイク・運転免許証
・自賠責保険証書
・ナンバープレートの写真
事業用の軽自動車または125cc~バイク・運転免許証
・車検証または軽自動車届出済証
・自賠責保険の証明書
・任意保険または共済保険の証明書
・事業用ナンバープレートの写真

学生の方のみ、学校の学生証と健康保険証の組み合わせを身分証明書として提出することができます。その際は、2つの書類が同じ画像に収まるような写真を撮り、アップロードをしてください。

また、外国人(外国籍)の方は、パスポート(顔写真ページ、ビザのあるページと証印シール)または在留カード(表面と裏面)いずれかの写真のアップロードが必要です。

Uber Eats配達パートナーの登録方法・手順

Uber Eats配達パートナーに登録するには以下の手順で登録します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法・手順

①Uber Eatsのアカウントを作成する

Uber Eatsのアカウントを作成する

Uber Eats配達パートナーの登録方法ですが、まずはこちらのUber公式サイトにアクセスしていただいて、メールアドレスを入力してアカウントを作成します。

メールアドレスは何でもいいですが、Uber Eatsからメールが届くように、パソコンメールからのメールが受信できるメールアドレスで登録しましょう。

次に以下の情報を入力します。

  1. 名前
  2. 電話番号
  3. パスワード
  4. 配達する都市

①「名前」はローマ字で書いてください。日本語で書いたとしても後で変更できますので、そのまま進んで大丈夫です。

②「電話番号」はSMS認証ができる電話番号を入力してください。

③「パスワード」はUber Eats配達パートナー用のアプリにログインする際に必要なもので、好きなパスワードを設定してください。

④「配達する都市」はUber Eatsのサービスエリアである東京・横浜・川崎・埼玉・千葉・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・広島を入力します。

②登録に必要な書類をアップロード

ウーバーイーツの登録に必要な書類をアップロード

次に、先ほどご紹介しましたUber Eats配達パートナーの登録に必要な種類をWEBからアップロードします。

Google Chromeやsafariのようなブラウザーを開き、こちらにアクセスして身分証、プロフィール写真をアップロードします。

UberEats(ウーバーイーツ)身分証アップロード

バイクや軽自動車で登録する方は「車両を追加する」から必要書類をアップロードしてください。

注意ポイント

ナンバープレートは自賠責に記載されているナンバーと一致している必要があります。

アップロードした書類はUber Eatsパートナーセンターで承認・不承認か確認します。ですので、承認にならなくてもパートナーセンターに直接行けばそのまま登録手続きができます。

早く登録したい場合はとにかくUber Eatsパートナーセンターに行きましょう。

③報酬を受け取るための銀行口座の登録

ウーバーイーツの報酬を受け取るための銀行口座の登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の受け取りは銀行振込なので、銀行口座情報を登録します。

毎週月曜日~日曜日の分がだいたい翌週の木曜日に指定の銀行口座に振り込まれます。

銀行口座はネット上から登録することもできますし、Uber Eatsパートナーセンターでも登録することができます。

Uber Eatsで登録できない銀行

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は海外口座から振り込まれます。いわゆる海外被仕向送金です。

そのため、海外送金ができない銀行や海外口座からの振込に対するセキュリティが厳しい銀行は登録できなかったり、振込が遅れたりします。

Uber Eatsで登録できない銀行はゆうちょ銀行、信用金庫、ネット銀行です。これらは完全に登録できません。

さらに、みずほ銀行、りそな銀行、新生銀行は登録できますがおすすめできません。

毎回振り込まれるときに銀行から入金確認の電話が来て、その電話を取らないと振り込まれないなど、手間がかかったりトラブルが多いからです。

メガバンクだと三井住友銀行や三菱UFJ銀行は問題なく登録できますので、もしどちらかの銀行口座をすでに持っているのでしたらおすすめします。

その他、地方銀行などはほとんど登録できます。

銀行口座を入力するときに「金融機関名」欄に日本語で銀行名を入力すると、ドロップダウンメニューが出現するのですが、ドロップダウンメニューに表示されない金融機関は登録することができません。逆に、表示された金融機関は登録できます。

銀行口座を登録する手順

銀行口座をネットから登録するには、Google Chromeやsafariのようなブラウザーを開き、こちらからログインします。

注意ポイント

Uber Driverアプリからやると銀行名入力でエラーが出て登録できませんのでスマホやPCのブラウザーからログインしてください。

次に口座名義人など銀行口座情報を入力します。

UberEats(ウーバーイーツ)銀行口座のアップロード

先ほども書きましたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は海外の銀行から振り込まれるので、住所はローマ字で書かなければいけません。

「番地&部屋番号→町名→区名→市名」の順に入力してください。区名と市名には「-(ハイフン)」を入力してください。

分からない場合は住所翻訳サービスを利用すると楽に入力できます。

④Uber Eatsパートナーセンターに行く

Uber Eatsパートナーセンターに行く

身分証などの必要書類をアップロードしたら、各地域にあるUber Eatsパートナーセンターに登録しに行きます。

Uber Eatsパートナーセンターで何をするかというと、まず銀行口座や身分証の登録に不備がないか確認して、問題なければ配達の流れや注意事項など簡単な説明があります。

そして、最後に配達用バッグが支給されて登録完了です。面接とかはありません。

当日の混雑状況によりますが、平均所要時間は約30~40分です。

持ち物は特にありませんが、登録に不備があった場合に備えて、銀行のキャッシュカードと身分証も持っていくと安心です。

Uber Eatsパートナーセンターの場所

Uber Eatsパートナーセンターの場所と営業時間はこちらになります。

パートナーセンター住所・営業時間
大門(浜松町)住所:東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル1F
最寄駅:大門駅より徒歩4分
営業時間: 12:00〜19:00(年中無休)
新宿住所:東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル3F
最寄駅:新宿駅より徒歩7分
営業時間:月〜土(祝日含む) 12:00〜19:00
横浜住所:横浜市中区弁天通4-53-2 DOMONビル4階A
最寄駅:馬車道駅より徒歩4分、関内駅より徒歩7分
営業時間:月・水・土(祝日含む) 12:00〜19:00
名古屋住所:名古屋市中区錦2-16-5 セントレイクレノン錦4階
最寄駅:伏見駅から徒歩1分
営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00
大阪住所: 大阪市中央区伏見町4-2-14 Wakita 藤村御堂筋ビル1F
最寄駅:淀屋橋駅13番出口から徒歩1分
営業:12:00〜19:00(年中無休)
京都住所:京都市下京区大坂町383-6 MILLEY烏丸五条ビル2F
最寄駅:五条駅から徒歩1分
営業時間:火〜土 12:00〜19:00
神戸住所:神戸市中央区元町通2丁目3番2号 ジェムビル2F C-1 JEC日本研修センター 神戸元町
最寄駅:JR・阪神元町駅から徒歩3分
営業時間:木〜土 12:00〜19:00
福岡住所:福岡市中央区天神1-10-13 天神MMTビル6F TKP天神カンファレンスセンター
最寄駅:天神駅から徒歩1分
営業時間:月〜火、木〜土 12:00〜19:00

Uber Eatsパートナーセンターに行くのに事前予約の必要はありません。

もし登録方法が分からなくなったり、身分証のアップロードがうまくいかなかったとしても、Uber Eatsパートナーセンターに直接行けば、スタッフがプロフィール写真も撮ってくれて登録手続きを手伝ってくれます。

ですので、登録方法が分からなくなったら迷わずに、身分証と銀行のキャッシュカードを持って、Uber Eatsパートナーセンターに直接行くことをおすすめします。

Uber Eatsの配達用バッグについて

UberEats(ウーバーイーツ)の配達バッグ

Uber Eatsパートナーセンターで支給される配達用バッグ(通称:ウバッグ)は、登録時には無料で支給されますが、配達開始から4週間にわたり、週に1,000円ずつ収入から控除する形で精算されます。

ポイント

収入がない週には支払いは発生せず、翌週以降に繰り越されます。

辞める時に配達用バッグを返却すれば、4,000円は返金されます。つまり、4,000円のデポジット(保証金)ということです。

Uber Eats配達パートナーの登録に関するよくある質問

Uber Eats配達パートナーに登録するときによくある質問にお答えします。

私の住んでいる住所がUber Eatsのエリア外なのですが登録できますか?
問題なく登録できます。

電車でエリア内に行き、レンタル自転車でやっている方も多いですよ。

今は忙しくて配達できなく、落ち着いたらやりたいです。とりあえず登録してみても大丈夫ですか?
大丈夫です。月額費用などは一切かかりませんのでご安心ください。

とはいえ、スキマ時間に気軽にできるので、とりあえず1回はやってみても良いと思いますよ。

どうしても銀行口座がエラーで入力できません。
Uber Driverアプリからやっていませんか?ブラウザーからログインしてやるとできると思います。

それでも登録できない場合は、キャッシュカードを持ってUber Eatsパートナーセンターに直接行けば登録できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はいくら稼げる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法をご紹介いたしました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは完全無料で誰でも簡単に登録できますので、気になる方は登録しておいて損はありません。

登録さえしておけば「ちょっと今月金欠だなぁ」「今日暇だなぁ」とか思ったときにUber Driverアプリを起動させれば今すぐお金を稼ぐことができます。

これって革命的じゃないですか?僕はこんなに確実&気軽に稼げるのはUber Eatsしか知りません。ぜひ登録してみてください!

ところで、そんなUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがいくら稼げるかですが、もちろん配達するエリアや時間帯などによって変わってきますが、平均すると1,000円~1,700円くらいです。

詳しくはこちらのUber Eats(ウーバーイーツ)のサイトが参考になると思いますよ。

よかったらUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録して自分のペースで自由に働いてみてくださいね!

-Uber Eats

Copyright© 副業GIG , 2020 All Rights Reserved.

報酬は週払い!好きな時間に自由に働いて稼ごう!
Uber Eatsに今すぐ登録する
自由な働き方を今すぐ体験!
Uber Eatsに今すぐ登録する